読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しかたもしれん

すもつくれんがさごが、しかたもしれんこつを書いとるで

THE YELLOW MONKEY再集結の予兆

たった今思いついたこじつけの妄想小ネタです。

ご存知のようにTHE YELLOW MONKEYの再集結に関しては年明けから噂になり、1月の8日に正式に公表されたのですが、今にして思えばその予兆というかヒントはすでに昨年与えられていたのかもしれません。

というのも、昨年10月7日に出された吉井さんのシングルのカップリングが

ロマンティックあげるよ

ロマンティックあげるよ


はてなブログの規約のため歌詞の引用は自重しますが、割とこの曲に出てくる単語って意外にもTHE YELLOW MONKEYの曲で使われるものと共通するところがあるんですよね。
(http://j-lyric.net/artist/a04df05/l01314b.htmlJASRACさんOKの歌詞サイト)
なんたってデビュー曲はロマンティストテイストですしね。

そしてそして、この曲のギタリストはお馴染みのエマこと、菊地秀昭氏が担当しています。

YOSHII LOVINSONのツアーでの参加もありましたからこの時点では特に何も思わなかったのですが、よく考えてみるとタイトルといい、サビの歌詞といいファンに再び夢をあげるという意味が込められているのではないかと深読みしてしまうのです。

でも、これだけで決めつけてる訳ではないのです。


この曲の発売日は10月7日、この日の次の日は吉井和哉氏の誕生日にあたります。

レコード会社さんの都合もありますが、話題的には誕生日に出す方が美味しいのではないかと思いませんか。
(一番大きいのはドラゴンボールの関係だとは思いますが)

以上のこじつけにより、この曲こそが新しいTHE YELLOW MONKEY誕生へのプレリュードだったのではないかと痛い妄想をしてしまうのです。


その後の青春時代の方が、あからさまという気もするのですが……





て、他にも考えた人おおいだろーなぁー

広告を非表示にする