読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しかたもしれん

すもつくれんがさごが、しかたもしれんこつを書いとるで

幻想の少年少女

新年なので、張り切って声も高らかに宣言するけど、宮小路瑞穂お姉さまが好きだっ!!
(同じくらい藍染様萌えだが、人外なのでまたの機会に)

キャラクタースリーブコレクション 処女はお姉さまに恋してる 「宮小路 瑞穂」





て、ぶっちゃけ何を今更な話なのですが。

最近、ラノベやら創作やらで女性が性的な視線で書かれてるとか、萌え重視のせいか低脳に書かれてるように見えるとかいう意見を小耳にしまして、ちょっと首を傾げております。

例えば、女性向け作品でも出てくるのがイケメンだったり美少年だったりする事が多い訳で(意外と地味な人萌えも多いけど今回は無視)所謂ファンタジーに近いような現実とはかけ離れた創作に置いて、作者や読者が求めるものが現実の人々とかけ離れてて何が悪いんだろうと思うのであります。

私の愛する瑞穂お姉さまは、作中のどの女の子より気品がありお美しく可憐なのですが、実際には男性です。

目立たずバレないようにしおらしくしていた結果、隠しきれない頭脳や身体能力とそのギャップの相乗効果で全校生徒の憧れのお姉さまになってしまいますが、中身は周囲の女性を守らなきゃいけないと感じてしまったり、流されてイチャイチャしてしまったりする男の子だったりします。

美少女ゲームの主人公として完璧超人と称される、性格見た目能力家柄共に現実には絶対に有り得ないキャラクターとなっております。

創作の中に現実を見いだす事は確かにありますが、現実的ではないキャラクターを女性蔑視とかと言ってしまうのもどうなんだろと思うのであります。

例えば、料理の上手な女子、逆に下手な女子。どちらも萌え要素としてはアリです。

でも、彼女たちが作品中でその描写があると女性が料理するのを当たり前だとしているという意見が出てきます。

ちょっと古い例えですが、とらドラの主人公高須竜司くんはかなりの料理上手です。
見た目と家事能力の高さというギャップが魅力のひとつにもなっています。

女性向け作品でも料理上手な男性キャラはそれで他のキャラクターに好感を持たれる事がありますし、逆にそうした能力が一切ないキャラの世話をするというのもよくある設定ですよね。

これらは、女性、男性というひと括りで見るとジェンダー的な問題が発生するのですが、もっとそのキャラクター個人の個性として見るのは駄目なのかなぁと思っています。

それは主人公の主観にも言える事で、もし主人公が料理上手な子を女らしいと褒めてるなら、それは(言い方悪いけど)
主人公がその程度の人物っていうくらいの評価じゃ駄目なのかなぁと思うのです。


(あと極端な話だけど、料理上手な女の子を誉めるのが女性蔑視だなんて言い出されると、本当に料理が好きな女の子って肩身が狭くなるんじゃないかなぁと思ったりもします。)


ある程度ユーザー層が定着してるジャンルにおいて、完璧にフィクションである作品において、萌え特化したキャラクターが出たからと言って、それは単なる理想に過ぎない訳だし、個々の理想やら好みやらについて糾弾するような問題じゃない気がするのは、私の意識が低すぎるだけなのでしょうか。








あ、あと今年からはてなの機能でAmazonのidを自分のものに設定してるので、そういうのが嫌いな方はご注意ください。

元旦なので、ライフベアで習慣化を目指してみる

考えてみたら、去年の年末年始も携帯のホーム画面を浸す弄っていたような気もしますが、今年は更にライフログなどの習慣化を目指して構成を考えてみました。

因みに、バズホームを利用している人は実際のページを下からダウンロード出来ます。
個人用で作ったものなので、特に2ページめとかは使いづらいかもです。 - nanasa 's Homepack | Homepack Buzz

という事で今年のホーム画面というのが


f:id:syudousiki:20150101215144j:plain

……て、あれこないだ晒したものと変わり映えないですね。(^-^;

こちらのメインは基本的によく使うアプリとフォルダーなので、あまり変えてないのです。

ライフログをとりやすくということで作ったのが、次の2枚目の画面になります。



f:id:syudousiki:20150101215454j:plain

自分にとっての使い勝手を最優先させるとこうしたちょっとゴチャゴチャした画面になってしまいました。

上部には、gReader Proで登録してあるfeedの見出しを読み込んでます。

続いて中段ですが、右側にあるアイコンはそれぞれ家計簿、体重管理、食事記録に、Bridge Everという、メモなどを送信すると同じEvernote内の指定したノートブックに1日分などを自動でマージしてノートを作ってくれるという便利なアプリを置いています。こちらはテンプレートも作れます。その日あったよい事や四行日記などを送信しておくと、かなり簡単に一日分の日記が作れる優れものです。(反映には時間がかかるみたいです)

さて、話を本筋に戻しますと、それらのアプリの左側のクマさんの横顔が特徴あるウィジェットが今回特に紹介したいライフベアというアプリのものです。

ライフベアはiPhoneやパソコンでも使え複数端末でもスケジュール管理が出来るアプリとして有名なのですが、今回はかなり偏った勿体ない使い方を紹介したいと思います。

このウィジェットはその日のタスクやスケジュール、メモなどを表示出来るのですが、嬉しい事にタスク完了のチェックをウィジェット上からアプリを開かずに付ける事が出来ます。

タスクは一度限りの用事だけではなく、毎日の繰り返しで設定する事が出来ます。

なので、習慣化したい事柄をそれぞれ設定しておけば、毎日のチェック欄がホーム画面に出てくる訳です。

更に、アプリを開いて1ヶ月分を表示させるとこのような画面になります。(タスクはそれぞれ別のカレンダーを指定すると色分けする事が出来ます)

f:id:syudousiki:20150101221723j:plain

画面が小さな端末だと表示が厳しいかもしれませんが、このようにその月での成果が一覧で見る事が出来ます。

こうした使い方が出来る専用アプリもありますが、複数タスクを一度に表示でき、ホーム画面上からチェックが出来るものは他に見つける事が出来ませんでした。

また、この一覧表示させるカレンダーはその都度選ぶ事も可能なので、通常のスケジュール管理をこのアプリでしながらチェックだけを画面で確認する事もできます。
多分、そちらの方が便利な使い方だとは思うのですが、ズボラを最優先させるとこうした使い方になってしまいました。

正直、かなり非効率的な使い方だと思います。

しかも下に更に別のカレンダーウィジェットを置いてるので人から見たら奇妙な構成だとは思うのですが、自分にとってはこちらの方が使いやすいのです。

通常の使用方法は、アプリ内にかなり詳しい説明ページがあるのでその点でもかなり新設なつくりになっています。

大人気カレンダーLifebear きせかえ・予定・日記・無料 - Google Play の Android アプリ

まもなく2015年なので、羊系女子とやらを考えてみた

タイトルからして、何番煎じやねんという感じではありますが……




f:id:syudousiki:20141229195733j:plain

特徴
ふんわりしてる
柔らかい
一人は苦手
上着脱ぐと細い
喋ってると眠くなるほど癒される
大人しい

こんな感じかなぁ。


もう少しで今年も終わりますが、本年中は御世話になりました。
2014は何というか、自分が如何に無力であるか思い知らされた年でした。

なんとなくなのですが、暫くブクマはやめて、その代わりにブログの方をもう少し頑張ってみようかなと思っています。

それでは、よいお年を。